障害を持つ方の“バリアフリー住宅”にこだわる名古屋の設計事務所です。 車いす利用者の方、全身性障害の方の、より良い住まいを一緒に考えます。

浴室

浴室

浴室は入浴方法や介助方法で大きく変わります。
洗い場を車いすの高さに合わせて高くする、洗い場ではシャワーチェアを使う、浴槽は掘り込んで跨がずに入れるようにする、浴槽と高さを合わせた移乗台を使って浴槽に入る、リフトを使って入る、そもそも浴槽には入らずシャワーだけで良い、などなど本当に千差万別です。

kh-14

bath-01

自分に合った入浴方法、介助方法を考慮し設計しないと、つくったはいいがお風呂にはいるのが苦痛、なんてことになりかねません。
扉は引き戸が良いのですが、排水のことをきちんと考えておかないと、脱衣室に水があふれてしまう危険性があります。出入口にグレーチングなどを設け、溢れた水を排水できるようにすればまず問題ありません。

bath-02

PAGETOP
Copyright © そらいろ工房一級建築士事務所 All Rights Reserved.