障害を持つ方の“バリアフリー住宅”にこだわる名古屋の設計事務所です。 車いす利用者の方、全身性障害の方の、より良い住まいを一緒に考えます。

トイレ

トイレ

一般的な住宅のトイレの幅は「廊下」のところで書いたように「3尺」モジュールでつくられています。なので廊下幅とだいたい一緒で80センチ程度です。車いすだと縦に突っ込むことはできますが、もちろん転回はできません。ドアの開け閉めも上半身が自由に動く人じゃないと難しいです。
車いす利用者の場合、やはり広めにトイレをつくった方が何かと安心です。ショッピングセンターの車いすトイレまでの大きさは必要ないと思いますが、できれば自分の車いすで転回できるだけの広さはあると良いと思います。それだけの広さがあれば介助者が必要な人でも大丈夫だと思います。
洗面台は脱衣室などに別につくるのであれば、トイレ内は手洗い器程度で良いと思います。
扉はやはり引き戸が良いですね。

is-sha-3

toilet-01

PAGETOP
Copyright © そらいろ工房一級建築士事務所 All Rights Reserved.