国の正式な発表はまだありませんが、名古屋市から早々に事前のお知らせがありました。

詳しくは以下のサイト(ウェルネットなごや)を御覧ください。
新規指定申請書類及び変更届における添付書類の変更について

要点をざっくりと言いますと、用途変更の申請が必要な場合が、100㎡を超える場合から200㎡を超える場合に変更になるにあたり、用途変更の申請が不必要な建築物が増えると考えられますが、だからといって建築基準法や消防法などに適合していなければならないので、それを担保するために建築士に適法かどうかをチェックさせて、その建築士のサインをもらいなさい、ということかと思います(長い・・・)。

信頼できる建築士が知り合いにいる団体は良いですが、建築士なんて一人も知り合いがいないとなると、以前の100㎡以下の頃より敷居が高くなりそうです。

もちろん、200㎡を超える場合は用途変更の申請は必要です。

初回の相談は無料で行っています。なにかありましたら気楽にお電話を。と、宣伝(汗)。