さあ、鉄道の旅が始まりました。


菜の花畑です。こんな景色がウィーンまで続きます。


注文した昼食が届きました。ちょっとリッチな気分を味わえます。


サーキットで有名なブルノの駅を通過。大聖堂が見えます。


ドナウ川を渡るともうすぐウィーン中央駅です。


ウィーン中央駅に着きました。


またリフトで降ります。


オーストラリア鉄道の係の人に誘導してもらいます。


さようならレイルジェット。


ウィーン中央駅は最近新しくなったばかり(2014年)でとても近代的です。ただ、中心街からは少し離れています。ウィーン市街の一番中心にある駅は「ウィーン・ミッテ駅」となります。


タクシー乗り場まで案内してもらって、タクシーに乗りホテルまで向かいます。ウィーンのタクシーはちゃんとしていて安心して乗ることができます。

ヨーロッパのタクシーってセダンタイプじゃなくてワゴンタイプが多いですが、車いすを載せてもらうにはこちらのほうが良いですよね。日本だとトランクに納まらなかったりするので。日本もワゴンタイプが増えると良いと思うのですが。


ホテルに着きました。ヨーロッパの「東横イン」、メルキュールホテルです(汗)。
旅行会社にはバリアフリールームをリクエストしていたのですが・・・。


東横イン並の狭いベッドルーム。


そして水廻り・・・(泣)。


これは多くの車いすユーザーが使えないであろう狭さ。

洗面台には車いすで寄れないし、シャワーブースには手すりもシャワーチェアもなく・・・。
部屋にあったアルミのゴミ箱を逆さにして椅子代わりにして、うちのカミさんはなんとか使うことができました(汗)。。。

まだ夕方だったので、街をぶらぶらすることにしました。ここで痛恨のミス!
SIMを買おうと思っていたのですが、今日は土曜日、お店が17時で閉店でした(汗)。そして翌日の日曜日は定休日。これぞヨーロッパ、土日は仕事しないモードです。
明後日の開店までネットに繋がらない状態になってしまいました。ホテルなどのフリーWi-Fiはあるにはあるんですが。基本、街なかでネットはできません。でも結局ネットに繋がらなくてもそんなに不便ではなかったので、ウィーンではSIMは購入しませんでした。


街で見たアペ。かわいい。


こちらはカフェ仕様。


日本ではあまり売っていないトイレットペーパースタンド(?)が売ってました。バリアフリー住宅で引き戸だらけだとトイレットペーパーホルダーを付ける壁がなかったりするんですよね~。


夜はネットで調べた“パラチンケン”のお店、「パラチンケン プファンドル」に行きました。パラチンケンとは「肉や野菜、チーズなどをクレープ生地で包んだもの」だそうです。とても美味しくいただきました。


デザートもパラチンケン。チョコレート掛けパラチンケンです。