日本語でプラハ。英語では「Prague」。プラハ国際空港からプラハの中心街へは鉄道では行けません。一番わかり易いと思えたのは「エアポート・エクスプレス」という名の「バス」(←最初は鉄道かと思ってた)。「AE」と略されます。ノンストップでプラハ中央駅まで30分で着きます。料金は60Kč(コルナ)。1コルナ≒5円でした。安い!

旅行会社の人に調べてもらってAEは車いすのまま乗れるということは分かっていたので、空港の職員に案内してもらってバス停へ。でも親切なのは良いのだけれど職員さん、バス乗り場が分からない(汗)。連れて行かれたのは「降車用」のバス停で、乗車用はとなりのターミナルにあったのでした。。。

バスがやってきました。運転手さんが降りてきてスロープを「パタン」と出してくれます。日本もこの方式にすれば良かったのに・・・。

約30分でプラハ中央駅に到着。駅は明日探訪します。とりあえず歩いてホテルに向かいます。

ホテルの入り口は建物の通路をずんずん進んだ先にあります。ネットで調べていかなかったらこれは見つからない(汗)。

ホテルは新市街、と言っても「ヴァーツラフ広場」に面した古い建物。車いす対応の部屋をリクエストして探し出してくれたのがここ、「ホテルエリゼ」でした。なかなか広々としています。

トイレに手すりが付いてます。シャワーブースにも折りたたみのイスが付いています。

ただ、ヨーロッパのどこもそうなんですが、洗面が高い!車いすの人、どうやって使っているんだろう?